Une chaine d'une infraction

【作品名】Une chaine d'une infraction
【制作者】波風の詩 さん
画像

http://park23.wakwak.com/~namikazenouta/

最初のプレイでは、小春(彼氏)狙い。
狙うも何も、もう彼氏なのですが。
とにかく無難な選択肢でグッドエンディングを狙う。
途中何やら怪しげな伏線が気になるも、
その伏線に一切触れずにほのぼのエンド。
このルートはストーリーに起伏もなく、
突然の終了にとにかくびっくり。ボーゼン。

・・・がっ!!!
その落胆も、トゥルーエンドを見ることできちんと解消されました。
あーよかった。切なすぎて泣きそうだけどw

小春トゥルーエンドを見た後、
二人のきずなの強さを目の当たりにした故に、
他のキャラクターとの展開がどうも想像できなくて。
どうなるのかとても興味深かったです。
なんだかうしろめたさもあったり…

常に、「ごめんよ小春ーーー!!」という気持ちで、
どうにも落ち着かないのでしたw

全てプレイし終えてみた感想。
悲恋が多くて切なかったです。
ヤンデレ好きさんぴったり。

ところでタイトル、セーブやロードなどのコマンドが読めない・・・(フランス語?)
これはちょっと戸惑いました。商業目的だと損ですけど、
そうでないので製作者さんのこだわりってことでアリです。
おしゃれだしね。

さて、キャラごとの感想を反転で。

黒須 綾
こういう優しげなタイプには
裏があるんだろうなーと思ってはいましたが。
襲われた主人公を助けるときのスチルは妖しくて、
BGMもすごく合っていてゾクゾクしました。
ちょっと危うげなところが大変魅力的です。
アイドルとの恋は多難でしょうが、
他のメンツと比べて未来が明るいので良しとする。

白河凍夜
子供のころの凍夜が素晴らしくかわいい。
きれいな男の涙にもジンときました。
…でも悲恋は辛すぎる。
せっかく主人公と再会できたんだもの、
ハッピーエンドも用意してほしかったなあ…。

佐伯詩音
珍しく裏のない明るいタイプだと感じていただけに
おつきあいの条件の「決して俺を裏切らない事」に
待ち受けるダークな未来を予感してゾクッ。
意外な展開が面白かったですが、
復讐をやめるシーンはあっさりしすぎかな。
愛する主人公ちゃんを撃ってしまったのだし、
もそっと苦悩してほしかったかな。
それでも一番すっきりするラストでした。

隠しキャラ
年若いのにやけに色っぽい。
彼とも結局…悲恋ですよね。
しかも大人になるまで持たないでしょうし、
一番切ない展開になりそうです。
痛々しいなあ。