豆腐物語

【作品名】豆腐物語
【製作者】食材部 さん

http://syokuzaibu.sakura.ne.jp/

~あらすじ~
主人公・大豆絹代は幼い頃に両親を亡くしたが、

両親の親友である枡田真角に引き取られ何不自由なく育った。

小父として慕う枡田や幼馴染の割下清太、周囲の暖かさに包まれて

両親のいない哀しみも乗り越えてきた絹代の前にある日一人の男が現れる。


知らないはずなのに、覚えている――不思議な既視感が絹代の胸をよぎる。



男の名前は氷室冷。



それが、少女の物語の始まりだった



タイトルと主人公の名前(大豆絹代)に、
ネタゲーだろうと思っていました。
冒頭はどシリアスでしたが、
どこかで盛大に落とされるんだろうと。

その予想に反して、思い切りシリアスなお話でした。
ちょっとレトロな昼メロ的展開です。
ただしケータイを使っているから、
実はそんなに昔の話でもないんですよね~

時代にそぐわないお嬢言葉と、レトロな髪型と
何かと涙する弱さが少々気になる主人公でしたが、
あえてメロドラマ風にしたからなんだろうな。
けなげで芯の強いところは好きです。

攻略対象の3人のうち2人はかなり年上なので
どことなくロリコンの危険性もはらんでいますが、
まあそこは・・・愛でカバーよねw

一部スチルの崩れは気になったものの、
人物立ち絵はなかなか魅力的だし、文章もお達者です。
安心して楽しめる優秀作品でした★
ボリュームもたっぷりです。

それでは恒例のキャラごとの感想、反転。

割下 清太
なんとも頼りがいのある幼馴染。
爽やかなばかりの男子はあまり好みではないので、
好きなものは後に残す私は最初に彼を攻略。
でも爽やかなだけじゃなく、年齢相応の悩みを抱えた彼がまぶしく、
なかなかときめくルートとなりました。

氷室冷
こういう最初はすごく冷たいタイプが
少しずつ心を許していく過程にすごく萌えるのですよ~。
基本冷たいし怖い彼ですが、
ときどきのぞかせる本音ににグッときますね。
いつもは慇懃無礼な口調が、
激昂するとぞんざいになるのがよかった。
あんな感じで怒られてみたいわー
弟さんもまた素敵です。

おじ様
最後まで葛藤してくれてよかった。
そうじゃないと、完全にロリコンな年の離れ具合。
乙女ゲーにこんなに年の離れた殿方はなかなかいない。
そういう意味でとても新鮮でした。
よく稼ぐし、どうやら性格もよさそうなので、
旦那様としては最高のお相手です。
主人公への愛をはっきり自覚してからは、
住む場所を別にしようとする分別もお持ちです。萌え。