CookDoDo

【作品名】CookDoDo
【制作者】LOVE COMPANY

サイト休止中?
ゲームはVectorで落とせます。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se409580.html

~あらすじ~
私にしては珍しく、主人公ちゃんに萌えました。
こんなにいい子、なかなかいない。
いい子っぷりに嫌みもないので、素直に応援できました。

(Vectorより転載)

男の子らが主人公に惚れるシーンがしっかりあるので、、
いつ好きになったのかわからない、なんて状態にはならず、
告白までの過程に説得力があるのがよかったです。

ストーリーは人物の違いがあるだけで、
基本全て同じなのがちょっぴり残念。
キャラそれぞれの魅力はあるものの、
もう少し違いがあるとより楽しめたと思われます。

ミニゲームがちょこちょこあり、
セーブ&ロードを駆使すれば割と簡単です。
スキップがもうちょっと早かったらうれしいのと、
ミニゲームが周回プレイではちょっと面倒でした。

絵柄は明るくてかわいらしい。
横顔は少し不得手のようですが、
表情豊かで、特に櫂の色気を含んだ笑みが好きです!

それでは、キャラごとの感想を反転で。

・佐藤雅史
ちっこい先輩。
なついてくる犬みたいなタイプかなと思ったら、
意外と男らしくて頼もしい。
思ったよりときめけていいキャラでした♪

・潮見隼人
庇護欲がそそられる後輩。
おどおどしてますが、
主人公に惹かれて少しずつ強くなる過程がよかったね。
ラストの、画家として大成したのだと思わせる、
明るくなった彼が素敵でした★

・川端祥一
ぶっきらぼうな元同級生。
お祭りのシーンで、頑張って主人公との距離を
縮めてるんだろうなあと思ったら
めっちゃめちゃ萌えました♪
(手つなぎ、名前呼びなどで)

・荒武櫂
中盤まで「お兄ちゃん」の姿勢を崩さないのであれれ。
他の3人は早いうちからデレているので意外でした。
しかし夏祭りのあたりから、
ひた隠しにしてるであろうデレ部分が見えて来て、
誰よりやきもきワクワクしたキャラでした。
爆発シーンがよかったわー

・隠しキャラ
他のブログさんのレビューで存在を知ったよ!
どこだ!どこで分岐するんだ~!!と調べてみた結果、
女子に呼び出しをくらい、「○○に近づくな!」と言われたときに
すんなり「わかった」と言えばいいみたい。
私は隼人ルートで分岐させましたが、
他のキャラでもOKなのかどうかは未確認です。
メインではまるで存在感がない(というか全然出てこない)のですが、
いざ出てみればルックスは一番いいんでないの!?
ささやかな伏線がこれで解消されました。
女の嫉妬でどろどろしがちなメインストーリーと違い、
こちらは割とほのぼのしてたんで新鮮でした。

豆腐物語

【作品名】豆腐物語
【製作者】食材部 さん

http://syokuzaibu.sakura.ne.jp/

~あらすじ~
主人公・大豆絹代は幼い頃に両親を亡くしたが、

両親の親友である枡田真角に引き取られ何不自由なく育った。

小父として慕う枡田や幼馴染の割下清太、周囲の暖かさに包まれて

両親のいない哀しみも乗り越えてきた絹代の前にある日一人の男が現れる。


知らないはずなのに、覚えている――不思議な既視感が絹代の胸をよぎる。



男の名前は氷室冷。



それが、少女の物語の始まりだった



タイトルと主人公の名前(大豆絹代)に、
ネタゲーだろうと思っていました。
冒頭はどシリアスでしたが、
どこかで盛大に落とされるんだろうと。

その予想に反して、思い切りシリアスなお話でした。
ちょっとレトロな昼メロ的展開です。
ただしケータイを使っているから、
実はそんなに昔の話でもないんですよね~

時代にそぐわないお嬢言葉と、レトロな髪型と
何かと涙する弱さが少々気になる主人公でしたが、
あえてメロドラマ風にしたからなんだろうな。
けなげで芯の強いところは好きです。

攻略対象の3人のうち2人はかなり年上なので
どことなくロリコンの危険性もはらんでいますが、
まあそこは・・・愛でカバーよねw

一部スチルの崩れは気になったものの、
人物立ち絵はなかなか魅力的だし、文章もお達者です。
安心して楽しめる優秀作品でした★
ボリュームもたっぷりです。

それでは恒例のキャラごとの感想、反転。

割下 清太
なんとも頼りがいのある幼馴染。
爽やかなばかりの男子はあまり好みではないので、
好きなものは後に残す私は最初に彼を攻略。
でも爽やかなだけじゃなく、年齢相応の悩みを抱えた彼がまぶしく、
なかなかときめくルートとなりました。

氷室冷
こういう最初はすごく冷たいタイプが
少しずつ心を許していく過程にすごく萌えるのですよ~。
基本冷たいし怖い彼ですが、
ときどきのぞかせる本音ににグッときますね。
いつもは慇懃無礼な口調が、
激昂するとぞんざいになるのがよかった。
あんな感じで怒られてみたいわー
弟さんもまた素敵です。

おじ様
最後まで葛藤してくれてよかった。
そうじゃないと、完全にロリコンな年の離れ具合。
乙女ゲーにこんなに年の離れた殿方はなかなかいない。
そういう意味でとても新鮮でした。
よく稼ぐし、どうやら性格もよさそうなので、
旦那様としては最高のお相手です。
主人公への愛をはっきり自覚してからは、
住む場所を別にしようとする分別もお持ちです。萌え。

Une chaine d'une infraction

【作品名】Une chaine d'une infraction
【制作者】波風の詩 さん
画像

http://park23.wakwak.com/~namikazenouta/

最初のプレイでは、小春(彼氏)狙い。
狙うも何も、もう彼氏なのですが。
とにかく無難な選択肢でグッドエンディングを狙う。
途中何やら怪しげな伏線が気になるも、
その伏線に一切触れずにほのぼのエンド。
このルートはストーリーに起伏もなく、
突然の終了にとにかくびっくり。ボーゼン。

・・・がっ!!!
その落胆も、トゥルーエンドを見ることできちんと解消されました。
あーよかった。切なすぎて泣きそうだけどw

小春トゥルーエンドを見た後、
二人のきずなの強さを目の当たりにした故に、
他のキャラクターとの展開がどうも想像できなくて。
どうなるのかとても興味深かったです。
なんだかうしろめたさもあったり…

常に、「ごめんよ小春ーーー!!」という気持ちで、
どうにも落ち着かないのでしたw

全てプレイし終えてみた感想。
悲恋が多くて切なかったです。
ヤンデレ好きさんぴったり。

ところでタイトル、セーブやロードなどのコマンドが読めない・・・(フランス語?)
これはちょっと戸惑いました。商業目的だと損ですけど、
そうでないので製作者さんのこだわりってことでアリです。
おしゃれだしね。

さて、キャラごとの感想を反転で。

黒須 綾
こういう優しげなタイプには
裏があるんだろうなーと思ってはいましたが。
襲われた主人公を助けるときのスチルは妖しくて、
BGMもすごく合っていてゾクゾクしました。
ちょっと危うげなところが大変魅力的です。
アイドルとの恋は多難でしょうが、
他のメンツと比べて未来が明るいので良しとする。

白河凍夜
子供のころの凍夜が素晴らしくかわいい。
きれいな男の涙にもジンときました。
…でも悲恋は辛すぎる。
せっかく主人公と再会できたんだもの、
ハッピーエンドも用意してほしかったなあ…。

佐伯詩音
珍しく裏のない明るいタイプだと感じていただけに
おつきあいの条件の「決して俺を裏切らない事」に
待ち受けるダークな未来を予感してゾクッ。
意外な展開が面白かったですが、
復讐をやめるシーンはあっさりしすぎかな。
愛する主人公ちゃんを撃ってしまったのだし、
もそっと苦悩してほしかったかな。
それでも一番すっきりするラストでした。

隠しキャラ
年若いのにやけに色っぽい。
彼とも結局…悲恋ですよね。
しかも大人になるまで持たないでしょうし、
一番切ない展開になりそうです。
痛々しいなあ。

スイート・トキシン

【作品名】スイート・トキシン
【制作者】ハートフルーツ(ココロ)さん

画像

http://www010.upp.so-net.ne.jp/heartfruits/index.html

~あらすじ~
主人公は、森に住む魔法使いの元で惚れ薬を手に入れます。
けれどそれは、同じ相手には一度きり、
しかも半日の間だけしか効かないという条件つきの薬でした。

片思いの相手と見る、一生に一度の夢。
主人公は手にした薬を使うのでしょうか。それとも…?

(サイト様より転載)

もうだいぶ前にダウンロードしていた作品。
プレイを始めたときに、「ロック解除しますか?」と出てきて
何のこっちゃいと思いつつ、意味がわからずそのままプレイ開始。

珍しく主人公側の恋心の変化が丁寧に描かれているし、
攻略対象がこちらをどう思っているのか、
主人公と一緒にドキドキ出来て優秀な作品だわっと思っていました。

さて、ロック解除の意味をようやく把握し挑戦してみたら・・・。
より深い、私好みの大人な展開になり感動!
嫉妬要素も追加され、「あえて嫉妬させる」なんて、
心躍るwプレイができるようになりました。

嫉妬に苦悩する男の姿は大好物です。
こんな追加があるなんて…と小躍りしたい気持ちになりました。

攻略対象は2人と少ないですが、
このロック解除のお陰でお話の幅が広がり、ED数も多くなりました。
スチルイベントを見るのにコツがいったりとゲーム性も高い。

・自分を好きなのかも?と期待をさせる
・色っぽい姿を見せつける
・見せつけて嫉妬に燃えさせる

この三要素プラス、惚れ薬を使うかどうかがキーになって、
エンディングが変わってくるという部分が新しい
これはすごく面白いと思います。

また、システム面が快適
選択肢にセーブ、ロードが表示されるのは、
とても便利だと思いましたですよ。

タイトル表示が若干遅いのだけが気になりました。
薬の色味が変化していくという表現ゆえ、
仕方がないんですけどね。

今、新作を作ってらっしゃるようです。
期待大大大大です!!

さて、最後はキャラごとの感想。
例によって反転です。

・ジェイク
男らしさがたまらないキャラ。
料理ができて包容力があって、結婚には絶対オススメの男子。
自営業は大変だけど・・・彼ならきっと幸せにしてくれるでしょう。
ぬいぐるみのポッケに・・・が気が効いた演出で感動しました。

・ルーフィス
穏やかな性格の年下。
そのうちに秘めた欲望やらの黒いものを感じさせていいです!
もっと黒くてもよかったぐらい。
間接キッスを狙うという微妙な変態っぷりもたまらん。

くのっく

【作品名】くのっく
【制作者】ハスカイトーネさん


~あらすじ~
ある国の街のはずれの小さな家に、一人の魔女が住んでいました。
その魔女は寝ることが大好きで、いつもいつも寝ておりました。
そんな彼女の家の扉を、今日も誰かが叩きます。

(サイト様より転載)

睡眠大好き、飄々とした魔女が主人公。
そこへやってくる男性陣との恋のお話です。
実にコンパクトで、ちゃっちゃとお話が進む展開で
大変プレイしやすく楽しかったです♪♪

攻略対象は2名+α。
それぞれに3つほどエンディングがあり、
とくに攻略などなくとも理詰めで見つけられます。

主人公側がタンパクなので糖度は低めですが、
その分男性陣が押せ押せで頑張ってくれて、
攻略対象の魅力を余さず堪能できますよ!

以前プレイした「Distorted-LH」のほうでも病み要素がありましたが、
こちらでもほんの少し、それが感じられます。
病み大好きな私は大歓迎!!
シェアゲーのほうもあるのかなあ。あるならプレイしたい。

さてさて、キャラごとの感想を。

・騎士
どこまでもさわやかキャラ?と思いきや
突然腹グロさを垣間見せる彼。
そこからは爽やかだったはずの笑顔が黒く見えて、
意外な緊張感がありますねー。
彼との新生活はどうなるのか、続きが気になります。

・魔法使い
ただのツンツンキャラではなく、後半のヘタレさが意外でよかった。
強気だった主人公が、泣き落としにはめっぽう弱いのが面白い。
主人公ちゃんがいつか好きになってくれたら・・・と
私も一緒に願ってしまったよw

・王子
ピュア。ツンデレぶりがかわいい。
コンプレックスを容赦なく主人公にえぐられる様に笑いました。
この中じゃ以外に一番紳士らしい彼。
結婚したとしたら、一番幸せにしてもらえるんじゃないかしら?


どのキャラのことも「好き」という感じではない主人公。
そんな彼女との恋愛は難航するでしょうなー
そのあたり、続きが気になって仕方が無い作品です。

神樹の守人

【作品名】神樹の守人
【制作者】Water colors-games-( ayako )さん


http://watercolors.sakura.ne.jp/games/

~あらすじ~
神樹の守人である女神。
のんびりだらだら仕事を怠けていたら、
大神様に怒られて、人減にされてしまった!
期限までに自力で女神に戻らないと、消されてしまう。

やる気のない女神は半ばあきらめつつ、
神樹に叱咤されて動き出すのだった。

・・・みたいな感じのお話。

天界人と地界人の争いなど、
バックにシリアスな世界観を匂わせながらも、
のんべんだらりとした女神のおかげで
比較的のほほんとした展開で始まります。

主人公の女神はかなりキャラが立っているので、
プレイヤーが自己投影させてプレイするのは難しいかも。
でも嫌みのないキャラで、何よりとてもかわいらしいので、
違和感なく楽しませていただきました。
(最初のやる気の無さにはちとイラッときたけどw)

前作の「育成日記」もそうでしたが、
本当に絵がきれい
スチルの1つ1つが完璧。魅力的
美しさの中に切なさが混じるのは、
そのキャラのうちに秘めたもののせいでしょうか。

て主人公(育てるもの)、攻略対象(育てられるもの)という関係が
前作に続いて魅力的に描かれています。

それではキャラごとの感想。

・大樹
とりすましていつも冷静に見えるけれど、
実は心に深い苦悩を抱えていた彼。
ラストでチラリと見せる黒い部分は深い愛ゆえ。
そういうダークな部分は私好みでムフムフしました。
実際女神が有能になってしまったら、離れることになっちゃうのかな?
大神さまにはその辺気を利かせてもらいたいものです。

・マチト
森の住人に比べて見た目が地味な印象の彼ですが、
お話は意外性がありました。
地界人に目覚めた彼もなかなかよかったよ。
殺されちゃたまらないけどね!
しかし遺伝子レベルで天界人を殺したくなるなんて、
厄介な存在ですねえ、地界人って。
ちょっとかわいそうな気もします。


攻略対象ではないけれど、
犬くんや梟さんもとても素敵なのよ。
恋愛イベントはないけれど、
女神に惹かれるようになったきっかけのエピソードもあり、
大変中身の濃い内容になっておりました。

絵もお話もハイレベルな作品なので、
次の作品「夏天祭実行委員会」のプレイがとてもとても楽しみです♪♪